イギリスへ

一昔前であれば、留学と聞くと珍しがられたり凄いと思われていましたが、
最近は留学していましたという人がいても特に珍しいことではなく、
むしろかなりの確率で遭遇したりするものです。
私は年代的に一昔前の時代に当たるものですが、留学経験はあります。
当時ではかなり珍しい方だった思います。
近年では国際社会になってきましたので、
英語は出来て当然という社会になりつつあります。
私は高校生3年間イギリスに留学をしていました。
今となれば良い経験をしたと思っています。
色々な家庭にホームステイしたり、学校以外に英語学校に通ったりしました。
大学は日本でしたので帰国した当初は性格がオープンになり過ぎてて、
お友達からは変わった目で見られていたと思います。
イギリス人は日本人とは全然違いますので、
その人柄の差には随分と悩まされたことはあります。
外国人から見ると、日本人はどうしてもシャイだと思われがちですし、
曖昧な言葉の表現を嫌ったりもします。
しかし実はその曖昧な表現こそが日本人の持つ特有の思いやりであったり、
優しさなのかなとも思うのです。
留学経験がなく海外にも行ったことがない人は日本人のことを知っているようで、
実はあまり理解していないという方が多いように思います。
留学をして他国に行くことで初めて母国である日本のことがよく解ることもあるからです。
それは自然と見えてくるのだと思います。
もちろんイギリスの良さも留学をしてたくさん知りました。
青くて広い綺麗な海、そして海に浮かぶ遊園地は本当にロマンチックです。
あまりの綺麗さに涙が出る程でした。
日本にはない二階建てのロンドンバス、対面座りの大きなロンドンタクシー、
どこを見ても可愛いレンガ造りの家々。
人々は陽気で温かい人も多かったように思います。
私にとって留学とは決して欠かすことは出来ない大切な経験です。
その経験こそが今の自分に繋がっていて、
今を生きる原動力になっているのだと思います。